MENU

シモツケラボとは

イシローに取材していただきました!

シモツケラボ は幼児から小学生まで、楽しく学べる理科実験教室です。
基礎的な実験や、学校教育ではなかなか体験できない、より専門的な実験を行なっております。
シモツケラボ で大切にしていることは、「ワクワク」「ドキドキ」といった楽しさ、そして、世界が一気に広がるような感動です。
楽しいから知りたくなる感動するから学びに変わる
シモツケラボ では、暗記、詰め込み、といった勉強は行いません。お子様自ら行動し、失敗し、考え、チャレンジする。その中で、行動力、探求力、創造力を培ってもらいたいと思っています。難しい実験でも、学年に合わせたオリジナルの実験内容で、一人一人丁寧に指導致しますので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。

シモツケラボ3つの特徴

1 五感を震わす実験教室

シモツケラボでは、こども達の可能性や潜在能力を開花させるための「五感をふるわす実験」を行います。「不思議な形の実験器具を使ってみる」「いろんな薬品を混ぜてみる」「実験で料理を作って食べる」など、こどもたちは心を弾ませ、ワクワクするような体験を通して、たくさんの感動を学びに変えていきます。時には学校では取り扱われない​難しい実験に挑戦しながら、たくさんの失敗と成功を経験することで「生きた学力」を身につけます。

2 親子参加型の実験教室

親子で一緒に体験を共有できるのが、シモツケラボの特徴です。一緒に実験を行う中で、こども達の好奇心に満ち溢れた、キラキラとした表情をたくさん見ることができます。また、こども達は「お母さんってすごいな」「お父さんかっこいい」と改めて感じるでしょう。おうちに帰ったあとも、一緒に体験したことを振り返り、それがさらに経験となり、成長に繋がります。こども達の一番大切な時期を親子の理科実験教室で、楽しく過ごしてみませんか?

3 大自然の中の実験教室

感受性が豊かなこども達は、積極的に自然と触れることで多くを学び、健やかに育っていきます。また「自然体験」は、大人になった後の資質や能力に大きな影響力があるという研究結果があります。(国立青少年教育復興機構)シモツケラボでは、「水辺の生き物の調査」や「土の中の微生物の観察」など、たくさんのフィールドワークを行う予定です。こども達は、日常ではなかなかできない体験を通して自然の凄さや面白さに気づくことができるでしょう。

実験教室の授業の流れ
授業の流れをご紹介します!
授業料・授業日時
授業料・時間のご案内はコチラ。
入会までの流れ
入会希望の方は必ずお読みください。
実験スケジュール
実験スケジュールはコチラ。

最新のお知らせ

PAGE TOP