宮内 恭兵

経歴
・石橋高等学校卒業
・栃木県下野市出身

バイオテクノロジー研究員、食品会社研究開発、塾講師、プロ家庭教師、中高一貫校学校教師(理科)を経て理科実験教室シモツケラボを2019 年 2 月に立ち上げる。

資格
・中学校理科教員免許
・高等学校理科教員免許
・劇毒物取扱責任者
・JAXA宇宙教育リーダー
など

佐藤 寛記

地域興しイベントのプロデューサー
・石橋高等学校卒業
・栃木県下野市出身
・専門:建築・デザイン

手がけたイベント
・夕ぐれ市
・しもつけお笑いグランプリ
など

シモツケラボ創業秘話

シモツケラボ設立前、県内の中高一貫校で理科の教師を行っていた宮内は、子どもの「理科離れ」を痛感。一方佐藤は「地元に恩返しをしたい」という思いで地域イベントを行いながらも、子どもたちに何かできないかと、コンテンツを模索していた。
そして、石橋高校の同級生である宮内と佐藤は、2018年4月7日に偶然、再開を果たす。10年ぶりの再開であった。お互いの悩み・思いを話しながら、一つの答えにたどり着くのに時間はかからなかった。

子どもたちのために理科実験教室をつくろう

宮内は理科の知識、教師の経験・技術を
佐藤は広告・経営・イベント運営のスキルを

お互いの「専門分野」と、それぞれが持つ「思い」を土台に
シモツケラボ は2018年6月3日に生まれた。

半年をかけて、数多くの理科実験ワークショップ、イベントを行う中で
「教室として立ち上げてほしい!」「定期的に開催してほしい!」
というお声をたくさん頂き、2019年2月に一般社団法人シモツケラボとして、教室を設立。
子どもたちの「わくわく」「ドキドキ」を「学び」に変える実験・イベントを継続的に行う。